2019/06/30

 

[News] 明日の朝はOFFSHOREスタート

 

本日18:30現在、ONSHOREが強く頭オーバーまで上がっていることから
明日はサイズをキープする見込み。そして良いお知らせは朝からOFFSHOREでスタート。
ベストな時間は、潮が引くサイズが残っている午前中でしょう。

2019/06/30

 

[Blog] 本物のドルフィンスルー

 

今日は午前にキッズスクールだったので
11:30から目の前のホームポイントで入りました。
波は肩頭オーバーのオンショアだけど掘れていて面白かった。2時間弱やったかな。
海には僕一人。インサイドまで乗りつなぎ、最後の波を乗るために再度アウトまでパドリングバック。その途中に信じられない出来事に遭遇した。
僕がパドリングしているすぐ真横で、なんと体長1.5Mくらいのイルカさんが現れたのだ。
そしてこうやるのよと言わんばかりに
一度水面に上がりそして滑らかに弧を描き水中へ
これぞ本当のドルフィンスルーである。滑らかでフロウだった。尾びれの大きさと体の色でおそらくハンドウイルカではないかと、
こんなに広い海、水面は風でボコボコ。ダークな空。誰もいない海。でも出会えて良かった。
動物界からの伝言なのか、自然界の何かのお知らせなのか、
どちらにしても会えてよかった。
皆様に幸運が来ますように。気持ちって伝わるみたい。
夕方18:30には大きな虹を見ることもできた。

2019/06/30

 

[KidsSkate] 次回は7/28

 

今日はキッズスケートスクール。
雨模様で中止かなと思ってました。
雨は降ってなかったので、一応現場を覗いてみたら
数名のキッズが来てくれてました。
いつもありがとう!
次回のR KIDS SKATE SCHOOLは7/28を予定してます!

2019/06/29

 

[News] KIDS SCHOOL6/30 sun

明日6/30sun
R KIDS SKATE SCHOOL
雨が降ってなく
滑れそうでしたら
やりたいですね。

2019/06/27

 

[News] 明日は台風通過

明日は台風が通過する予定です。雨のピークは明け方からam5.6時くらいでしょうか、出勤の時間には抜けてく予想です。風は北風offshoreから日中はオンショアが吹きそこまで強まらないでしょう。うねりは1日キープしそうです。そして来週までしばらく波が続きそうです。

2019/06/21

 

[News] 日曜日サイズアップ!月曜日も


本日はコシハラサイズの湘南エリア。午前中の風が無い時に、サザンビーチでサーフスクール開催しました。コンディションが良かったので、初級者の方もたくさんいい波に乗れてました。シーズン到来ですね。夕方は風が強まりややサイズアップ、小学生いつきのサーフスクールでした。明日も同じ様なコンディションですね。潮がかなり動くのでうまく使って下さいね。さて日曜日の明け方からサイズアップした波が届きそうですよ。1日通して遊べます。そして月曜日も波は残ります。水温は上がり、ウェットはシーガルかスプリングでもokです。ではいい波が届きます様に。

2019/06/16

 

[News] 明日の朝はOFFSHOREスタート

Photo:Atsuco Sawada

ホームポイント、昨日は夕方17時から入水、強いOffshoreが弱まりほぼ無風に。沖で抑えられていたうねりが入り始め、ややワイドながらいい波が届いていました。本日はOnshore Day休憩タイム、日中強く吹き続けた南西風は夕方には西風に変わりました。明日は明朝から北風OFFSHOREスタートになりそうです。明日はサイズはダウン傾向ですが、沖合では西風が吹いているので遊べる波は十分残りそうですね。午後はまたONSHOREが入ってきます。午前が狙い目ですね。さてまたまた週末にサイズが上がってきそうですね。金曜日から反応が見られるでしょうか、土曜日曜日もうねりが続き、月曜日は持ち直しサイズが上がります。波が続きますね。いい波に出会えますように。

2019/06/14

 

[News] 明日からサイズアップ!


人気のビーサン入荷しました!!

 

明日からサイズが上がってきます。前半戦は強めのoffshoreにうねりが抑えられる可能性はありますが、夕方あたりから風が緩み、うねりの反応が良くなりそうです。次の日日曜日は、1日強いonshoreの予想、であれば月曜日は風がoffshoreに変わることを期待したい

2019/06/13

 

[News] 週末GOOD!

今週末はGOODな波が届きそうです。
明日の後半からうねりが反応してきます。
土曜日は1日OFFSHOREでクリーンです。うねりのピーク後半ですかね。
日曜日はONSHORE予想ですがどうでしょう。いい時間あるかもですね。
月曜日午前が意外に良かったりしそうです。

2019/06/09

 

[Blog] あの日あの時あの場所で Vol.2 – at Northshore

Photo Dee   March 16
Checking “Off The Wall” waves with Keito
and Munetoyo san in the barrel.

 

 

 


 

3/17
ノースに滞在し約1ヶ月。張り詰めていた緊張感で疲労を感じはじめ、特に日本食が恋しくなってた頃だった。ここはシャークスコーブにある地元から愛されるPUPUKEA GRILL。週に1日しかオープンしないため、SHOYU CHIKINを食べたくてようやくタイミングがあったお昼頃。この日のノースはカミングアップ中、サンセットはノースウィンドの10~12FT、うねりが落ち着き、風が合うのを待っていた。自宅に戻りしばらくして2ブロック先の前田先輩から情報を受け、KEITOに誘われワイメアをチェックしに行く事になった。その前に僕はWAIMEA BAYと簡単に言葉にはしたくない。誰かに伝える必要もないと思っている。その場にいる人のみが分かり合える場所である。それぞれの価値観はあるが、そこは未知なるパワーが存在している。今現在これからも、そして古い歴史が物語っている。魂が宿っている場所だ。できれば自分の中だけに留めたい。しかし日本に戻り人との繋がりの深さを改めて感じる今日この頃、偶然の重なりは必然である解釈は当たっていることを再確認する。

この日は僕のターニングポイントになったであろう事には間違いはない。

 

 

WAIMEA BAY

夕方、風が少しおさまり、しかしうねりの向きが安定せず、波のブレイクを予測するのはかなり難しい状況であった。サイズは12 to15ft セットで20ftはある。望遠で数名のサーファーを確認するためカメラを回し始めた瞬間、その時、泡泡の危険なバンピーなフェイスを滑り落ちていくサーファーが飛び込んだ。ケイトが言った。MUNETOYOサンじゃない?僕は息を止めてショアブレイクまで乗り繋ぐMUNETOYOさんをフレームの中で追った。熱く込み上げるものを感じた。ケイトはひと言、渋い と言った。その時もその後もほとんど僕らに会話はなかった。帰り車で、さっきの出来事や空間が何を意味しているのかはすぐにわかっていた。ケイトが僕に伝えたかった事も理解した。その後日没ギリギリでベルジーランドをロコ数名と貸し切った。ピークからボトムで合わせバレルイン、カーヴィングからインサイドボウルでミニナゲッツでプルアウト。今思うと夢のような波を数本捉えることができた。波は4.5FTのパキパキで完璧なベルジーランドだった。おそらく滅多にないコンディションだと把握した。その夜、倍率が激しいハードロコポイントでバレルを抜けたことより、ワイメアの残像しか頭になかった。寝る前にビデオを見直し、ムネトヨさんにメールをして動画を送った。次の日、ムネトヨさんが日本に帰ったことを誰かから聞いた….
それからメールではやり取りを交わしたが、お互い日本に戻り、先日電話で話すことができた。あの時の映像を自身のスポンサーであるパタゴニアJAPANが使用したいと言っているのでどうでしょうかと、もちろんどうぞご自由にと…
引き寄せの法則が成り立つもうひとつ物語がある。前日の16日am8時ごろ、僕はケイトとメインラウンドへOFF THE WALLをチェックしに行った。結局風が入り始め戻ってサンセットポイントでセッションを終えたのだが、オフザ(OFF THE WALL)に着きSETが入り始め、僕がカメラを回した瞬間、1本目にバレルにプルインするサーファーがフレームに入った。それが一番上の写真なのだ。サーファーはMUNETOYOさんであった。
何度も言うが言葉はいらない。ラジオの雑音が遠い海の向こうから聞こえてくるように、自らの周波数を合わせられれば理解はできるだろう。

 

 

 

patagoniaのムネトヨさんのBlogで
写真が使われています。
ストーリーも面白いのでぜひCHECKしてみて下さい。
https://www.patagonia.jp/blog/2019/06/the-dream-wave/?waad=x4OLuM27&utm_source=marketing&utm_medium=email&utm_campaign=e01280&src=e01280