2019/07/14

 

[Blog] Home sweet home

 

最近は湘南オープンっていう大会が鵠沼で開催されていて
プロの連中が連日出入りしているR SURFだけど
この日は、それぞれの用事でお店に来てくれたメンバーが
たまたま集合したので、みんなで記念写真、
思い合ってると皆さん繋がりますよねって1枚でした。
From left
YUJI WAKI
DEE
RINSUKE
RIARU ITO
RINTARO
SHOTA
SOMA
KEITO MATSUOKA
KAI OJIMA
SASUKE KAWATANI
SHIN SANPONGI

 

2019/06/30

 

[Blog] 本物のドルフィンスルー

 

今日は午前にキッズスクールだったので
11:30から目の前のホームポイントで入りました。
波は肩頭オーバーのオンショアだけど掘れていて面白かった。2時間弱やったかな。
海には僕一人。インサイドまで乗りつなぎ、最後の波を乗るために再度アウトまでパドリングバック。その途中に信じられない出来事に遭遇した。
僕がパドリングしているすぐ真横で、なんと体長1.5Mくらいのイルカさんが現れたのだ。
そしてこうやるのよと言わんばかりに
一度水面に上がりそして滑らかに弧を描き水中へ
これぞ本当のドルフィンスルーである。滑らかでフロウだった。尾びれの大きさと体の色でおそらくハンドウイルカではないかと、
こんなに広い海、水面は風でボコボコ。ダークな空。誰もいない海。でも出会えて良かった。
動物界からの伝言なのか、自然界の何かのお知らせなのか、
どちらにしても会えてよかった。
皆様に幸運が来ますように。気持ちって伝わるみたい。
夕方18:30には大きな虹を見ることもできた。

2019/06/09

 

[Blog] あの日あの時あの場所で Vol.2 – at Northshore

Photo Dee   March 16
Checking “Off The Wall” waves with Keito
and Munetoyo san in the barrel.

 

 

 


 

3/17
ノースに滞在し約1ヶ月。張り詰めていた緊張感で疲労を感じはじめ、特に日本食が恋しくなってた頃だった。ここはシャークスコーブにある地元から愛されるPUPUKEA GRILL。週に1日しかオープンしないため、SHOYU CHIKINを食べたくてようやくタイミングがあったお昼頃。この日のノースはカミングアップ中、サンセットはノースウィンドの10~12FT、うねりが落ち着き、風が合うのを待っていた。自宅に戻りしばらくして2ブロック先の前田先輩から情報を受け、KEITOに誘われワイメアをチェックしに行く事になった。その前に僕はWAIMEA BAYと簡単に言葉にはしたくない。誰かに伝える必要もないと思っている。その場にいる人のみが分かり合える場所である。それぞれの価値観はあるが、そこは未知なるパワーが存在している。今現在これからも、そして古い歴史が物語っている。魂が宿っている場所だ。できれば自分の中だけに留めたい。しかし日本に戻り人との繋がりの深さを改めて感じる今日この頃、偶然の重なりは必然である解釈は当たっていることを再確認する。

この日は僕のターニングポイントになったであろう事には間違いはない。

 

 

WAIMEA BAY

夕方、風が少しおさまり、しかしうねりの向きが安定せず、波のブレイクを予測するのはかなり難しい状況であった。サイズは12 to15ft セットで20ftはある。望遠で数名のサーファーを確認するためカメラを回し始めた瞬間、その時、泡泡の危険なバンピーなフェイスを滑り落ちていくサーファーが飛び込んだ。ケイトが言った。MUNETOYOサンじゃない?僕は息を止めてショアブレイクまで乗り繋ぐMUNETOYOさんをフレームの中で追った。熱く込み上げるものを感じた。ケイトはひと言、渋い と言った。その時もその後もほとんど僕らに会話はなかった。帰り車で、さっきの出来事や空間が何を意味しているのかはすぐにわかっていた。ケイトが僕に伝えたかった事も理解した。その後日没ギリギリでベルジーランドをロコ数名と貸し切った。ピークからボトムで合わせバレルイン、カーヴィングからインサイドボウルでミニナゲッツでプルアウト。今思うと夢のような波を数本捉えることができた。波は4.5FTのパキパキで完璧なベルジーランドだった。おそらく滅多にないコンディションだと把握した。その夜、倍率が激しいハードロコポイントでバレルを抜けたことより、ワイメアの残像しか頭になかった。寝る前にビデオを見直し、ムネトヨさんにメールをして動画を送った。次の日、ムネトヨさんが日本に帰ったことを誰かから聞いた….
それからメールではやり取りを交わしたが、お互い日本に戻り、先日電話で話すことができた。あの時の映像を自身のスポンサーであるパタゴニアJAPANが使用したいと言っているのでどうでしょうかと、もちろんどうぞご自由にと…
引き寄せの法則が成り立つもうひとつ物語がある。前日の16日am8時ごろ、僕はケイトとメインラウンドへOFF THE WALLをチェックしに行った。結局風が入り始め戻ってサンセットポイントでセッションを終えたのだが、オフザ(OFF THE WALL)に着きSETが入り始め、僕がカメラを回した瞬間、1本目にバレルにプルインするサーファーがフレームに入った。それが一番上の写真なのだ。サーファーはMUNETOYOさんであった。
何度も言うが言葉はいらない。ラジオの雑音が遠い海の向こうから聞こえてくるように、自らの周波数を合わせられれば理解はできるだろう。

 

 

 

patagoniaのムネトヨさんのBlogで
写真が使われています。
ストーリーも面白いのでぜひCHECKしてみて下さい。
https://www.patagonia.jp/blog/2019/06/the-dream-wave/?waad=x4OLuM27&utm_source=marketing&utm_medium=email&utm_campaign=e01280&src=e01280

 

 

 

 

 

 

 

2019/06/08

 

[Blog] あの日あの時あの場所で VOL.1 – at Northshore 2019

 

 

人は常に成長を欲しがる。サーファーなら尚更だ。時間は進む。時代の展開が早すぎる気もする。逆に、物が溢れれば溢れるほど生き方はとてもシンプルになる。
過去との付き合い方は、培った経験値を 必要な場面で 判断材料として使う時だけだ。それは図書館にある棚のあの辺にあったあの本を 探すイメージのように。経験して覚えた事はより確実性が高く、本の題名は忘れても筆者はすぐに思い浮かぶ。筆者は自分である。
むやみに過去は振り返らない。常に前を見て昨日より一歩、足元を見てSTAY、大きなSETが入りなんとかDUCK DIVEをしても後退はするものだ。自然の力には敵わない。サーフィンも、生き方も、当然のように似ている気がする。か、それが人生そのものなのか、一部の中毒者には理解ができるだろう。
今年のHAWAIIを語る事に気は進まなかった。単純に言葉にならないくらいの神秘的な日々だったからだ。言ってしまったら何かが薄れてしまう、守ろうとする義務感が働いたのか、それより次のテーマにすでに向かっているところだ。日本に戻ってからは、自分を取り巻くバイブレーション(第六感で感じる波動)が見事にリンクしていく出来事が起こり続けている。しかもそれは高い次元で起きている事に、数年HAWAIIで過ごした経験の貴重さに気付き、行く意味の大切さを改めて感じている。あの日のあの時自分はどこに…   HAWAIIは自分自身と向き合う大切さを基準装備しなければならない。その中での生活は、感覚が研ぎ澄まされまさに神秘的に近い。行くか行かないか、もちろんSTAYも選ぶ事ができる。そんな3択しかないシンプルな生活は、シンプルに人と出会い、必然的に共有する時間が生まれてくる。ある意味宇宙人同士の出来事だ。お互い引き寄せ合っている。出来事が起きた事に対して、後ほどどう自分が思い、どう生かすかという分析できる権利を与えてくれる。なぜならすべて必然的に起きている出来事だからだ。ひとりのサーファーとして生活は尊重され、仲が良くても他人でも強要という言葉は存在しない。言わば自分自身に責任があるという解釈に繋がる。もちろん会話はテレパシーで送られる。偶然遭遇したことに驚きはない。必然的なので後ほどボディジャブの様に効いてくる。寝る前にまたどういう意味だったんだ…再確認できる権利を与えてくれる。それらはその瞬間にいなければ始まらないことだ。    続く

写真は最終日の夜、夕方にサンセットでKEITOと最後のセッションを終え、ハワイの地ビールといえばBIGWAVEでしょう!乾杯はしたが荷物をまとめるには一苦労、ほぼ朝までかかった。KEITOにバディとして頼りになれなかった事も伝え、二人で語り合い、自信へと変わる一言をもらった夜だったような。

2019/06/04

 

[Blog] 今週土曜日からサイズアップ!

 

朝はぴーかん・メンツル・ノーバディ・青空
ムネカタ頭 set オーバーヘッド
大好きなフレーズが並んでしまう贅沢な時でした。
次のサイズアップは金曜後半、土曜日豪雨が抜けたあと、日曜日、
要チェックです〜!

2019/05/27

 

[Blog] 次は水曜日


 
しばらく波が続いた湘南エリア。地形が安定してるチサン・クソ下・チーパーなどうねりはワイドだけど地形の良さで十分楽しめていました。さて次回のサイズアップは、水曜日に低気圧が通過する予定。風は南から北よりへ変わります。チェックですね〜、なお水温はぐーんと上がり、シーガルからスプリングをシーズン初着用しました。タッパーの方もチラホラ居ましたね〜。ギアの準備はお早めに!ちなみに随時オーダーフェア開催中です!

 

 

 

 

2019/05/26

 

[Blog] PLASTIC FREE

 

好評につき、仲間が作ってくれたANCLE DEE ‘S TEE
第2弾は、PLASTIC FREE を掲げ、使い回しのペーパーバッグで買い物中のアンコーディのバックプリントになっております。サイズは100から150まではフロントプリントに。
限定30枚のみ コットン100%なので寝巻きにでも使ってくださいませ〜

2019/05/14

 

[Blog] 来週は大きめ低気圧通過

さて、明日から南東うねりが入ってきそうですね。日中はオンショア予想ですが、夕方から明後日の朝にかけて風はオフショアで面は良さそうですよ。そして弱い南東うねりが週末まで続き、いよいよ来週の水曜日あたりには、大きめな低気圧が通過!大きくサイズアップしてきそうです!!ギアの準備今週中に。木曜日もうねりは残りそうですよ。波がある日が続きそうです。

2019/05/02

 

[Blog] Polar grip tape


天気回復、波が続く湘南海岸
サーフィンのあとは、クリーンな路面を思いっきりPUSHしたい..
NEW GRIPTAPE入荷しました。

2019/04/30

 

[Blog] backyards

 

#day1
#skatecamp
#backyards
#nicebush
#somewhere
#shonan